こんにちわ!進和ホームです。

  桜の季節はあっという間でしたね。
  みなさま入園式や入学式は無事に
  終わりましたでしょうか。

  なにかと忙しい時期ですが
  お家でホッと安らぐことができれば
  毎日の活力も補えますよね!
  お気に入りのお家であればなおさらです。
  
  みなさまのお家はいかがですか?

  
  進和ホームではみなさまの
  家づくりをお手伝いする提案を
  行っています。
  
  
 □■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 【1】子育てしやすい間取り
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  家┃づ┃く┃り┃
  ━┛━┛━┛━┛
  でいちばん
  ワクワクするのは、
  間取りのプランを考えている時
  ではないでしょうか。

  
  なにを重要に間取りを決めるか、
  それは人によって違い、
  設計者の腕の見せどころになります。


  では、たとえば子育てを最優先にした
  間取りにするとどんな家になるのか
  を考えてみましょう。

  
  まず子育てに欠かせない、
  トイレをどこに配置するか。

  
  子どもを連れて行く、
  その様子を観察しやすい・・・

  となると、ママがよく居る 
  キッチンから見える位置になるでしょう。
  
  そしてお風呂前のトイレを誘導するにも
  トイレとお風呂が離れているよりは
  近くにある方が良く、
  緊急時もスムーズに向かえます。

  水回りが近いと、
  生活習慣の徹底が非常にしやすい
  環境になります。

  

  次に会話。
  「よくキッチンに居る」
  ということは
  やはり会話も
  キッチン中心とし、
  視界の良好さも
  重要だと思います。

  ママはキッチンに居ますが
  子供が視界に入らない場所から
  呼んでいた場合、
  どこにいるのか、
  なにがあったのか
  不安になりすぐ見に行くでしょう。
  
  それがつまらない用事や
  いたずらだったら・・・

  こんなことが1日に
  何回もあったら・・・
  
  疲れますよね?。

  ではそうならない為には。
  
  子供を視界に入れて
  キッチンに立てる
  間取りにすればいいんです!

   
  視野が非常に狭い
  子どもから見ても、
  直線の視界に親がいることで得る
  安心感は絶大です。
 
  視野における安心は
  親も子もそれぞれが
  大切にすべきである事を
  しっかり覚えておきましょう。


  いかがでしたか?
  進和ホームではみなさまの
  ご要望を叶えるお手伝いをしています。
  
  お問い合わせ、ご相談はコチラ
  http://www.r-shinwa.jp/contact/

  
  ちなみに、家族全員の意見を
  まとめるのは非常に大変なことです。

  話し合いが長引いて
  疲れてくることもありますよね。

  その時は、是非

  「あったら便利」は

  「無くても困らない」
  
  という発想の基で
  話し合いをしてみてください。

ブログをご覧の皆様、こんばんは!

進和ホームの幸せづくり専門家佐野です。

 

シルバーウィークが終わりましたね。

皆さん、日頃の疲れはリフレッシュできましたか?

私はと言いますと、大仙公園にて堺プレーパーク実行委員会主催のイベントのお手伝いに行ってきました。

それにしても、子どもの純粋な発想って面白いですよね。

テレビゲームや携帯アプリ、外に出ればすべり台やブランコといった公園の遊具も楽しいんですが、

やっぱり子どもは楽しいことやワクワクすること、新しい遊びを見つける天才なんです。

そんな子どもたちが主体になって思いっきり遊べる場、それがプレーパークです。

12036586_518190341671237_7609077296570746059_n

私も小さい頃は、何もない空き地で秘密基地をつくりあげたり

ただの古タイヤと紐だけを持って山中にブランコをつくったりと

今振り返ってみると、ゲームやネットなんかよりもああいった遊びは有意義な時間だったなぁと思えます。

こういう体験ができる場が地元にあると、やっぱり子どもたちが大人になった時に

地元に愛着がわくと思うので、今回のイベントが成功に終わって本当に良かったです!

私たちは建築ということで、端材を使用した木工教室のブースを担当させていただき、

童心に返って子どもたちと一緒に楽しんできました!

12046928_773439582765367_5293696841673634995_n

好奇心旺盛な子どもにノコギリや金槌の使い方を教えるのは一苦労でしたが

目を輝かせて一心不乱に工作に励む姿は、疲れを忘れさせてくれる程でした。

将来こんな子が、進和ホームの監督になってくれたらスゴイ家を建ててくれそうです笑

次回のプレーパークや、現在活動している取り組みも

もっと地域の皆様に喜ばれる活動にしていくよう尽力していきますので

皆さんも都合が良い時は、是非参加してくださいね?

Mail:sano@e-shinwa.net

佐野暢亮

ブログをご覧の皆様、こんばんは!

進和ホームの幸せづくり専門家の佐野です。

 

 

0000

今年の1月に税制改正が行われ、

相続税の非課税枠が今までよりも6割引き下げられましたね。

資産なんて土地と家くらいだから、相続税なんてウチには関係ない!と思っていた方も

新たに相続税の課税対象となってきました。

弊社でも、この相続税に関して相談を受けることが多くなってきました。

 

そこで、今回は相続税対策に知っておいて損はない『生前贈与』についてご紹介します。

生前贈与は相続税対策だけでなく、シニア世代の方が保有する資産を

子や孫など次の世代にスムーズに受け渡すことができます。

手間なく自分の意志に沿って、ご家族の未来を支えることが出来るのが嬉しいですよね。

 

 

また、生前贈与の最大のメリットは資産を減らせることです。

資産が減ることで、実際に相続税の軽減につながるからです。

そこで、生前贈与で相続財産を減らすポイントをまとめましたのでご参考下さい。

 

?暦年贈与で少しずつ資産を圧縮

生前贈与の一般的な暦年贈与を活用すれば、1年間に非課税枠の110万円を贈与できます。

つまり、10年間かけて1100万円贈与することが可能です。

 

?複数の人に贈与可能

例えば、配偶者と4人の子どもがいる家庭では、

1年間で5人に110万円ずつ贈与ができ、短期間に550万円の贈与が可能です。

 

?法定相続人ではない人にも贈与可能

子の配偶者や孫に対する贈与は、相続開始前3年以内なら相続財産に加算されません。

その分、贈与できる人数が増え、相続税の軽減につながります。

 

 

当たり前のことですが、相続の影響が出るのは、相続が発生した時です。

今すぐではないかもしれませんが、同時にいつ発生するのかは誰にも予測できません。

だからこそ、この"いつか"のために準備しておくことが大切だという認識を少しでも

持っていただければ、争続が少しでも減るのではと感じております。

 

Mail:sano@e-shinwa.net

佐野暢亮

ブログをご覧の皆様、こんばんは!

進和ホームの幸せづくり専門家佐野です。

いつもブログを読んでくださっている方々

更新がしばらく滞ってしまい、申し訳ございません。

これからも皆様のお役に立てるブログをお届けしますので

どうぞ宜しくお願い致します。

先日のお話しになりますが

私が、入社当時の右も左も分からない頃からお世話になっている

大切なお客様であるK様から御食事に誘っていただきました。

IMG_5668

最初の頃は、目的があやふやなまま訪問してしまったり

的外れな資料をお渡ししてしまったりと

本当にK様には色々と迷惑をおかけしたにも関わらず

ずっと可愛がっていただいていました。

それから、本当にお客様が悩んでいることについて考えたり

目の前のお客様に対して、自分の力の範囲で何ができるのかを

考えていくうちにK様との距離も縮まってきたように思います。

私たちは住宅会社ですが、家を売るだけでなく

まずは、お客様に幸せになっていただくことが最大の目的です。

そのためなら、仕事に結び付かないと思うようなことであっても

相手の立場にたって誠心誠意尽力することで、喜んでもらえたら最高ですよね。

昔の偉人が残した『仕事は親切』

これが全てを表現していると思います。

誰かが困っていることを助けてあげる。その対価として金銭をいただく。

仕事というのは、その仕事を通じて喜びに気付いた人が

後からついてくる人に同じ喜びを伝えるという形で発展させていくべきなのではないでしょうか。

だからこそ、自分が今までお客様のことを考えて動いたからこそ

喜んでいただくことができ、御食事の声をかけていただいたのだと思います。

お客様の為になっていると感じることが出来て、本当に嬉しかったです。

K様、楽しいひとときをありがとうございました!

これからも一人でも多くの方を幸せにするため精進して参ります。

Mail:sano@e-shinwa.net

佐野暢亮

ブログをご覧の皆様、こんばんは!

進和ホームの幸せづくり専門家佐野です。

 

 goods_009

仕事から家に帰って、テレビをつけるとほんとうに色んなCMを目にしますね。

さて、皆さん。これらのテレビCMを流すために一体いくら位のお金がかかっているのかご存知ですか?

 

例えば、ゴールデンタイムと言われる夜7時から10時までの番組の間に流れるCMの値段は

1回あたりウン百万円にもなるそうです。

その他に、まず、出演するタレントのギャラですね。ご想像の通り、これがバカになりません。

例えば有名タレントを使う場合は、年間契約で○千万円単位。

タレントのランクによってさまざまですが、あとは人気やイメージによって決められています。

それだけでなく、次にCMを制作するにあたっての製作費が莫大にかかってきます。

 

では、こんなにお金がかかるCMのメリットは何でしょうか・・・?

まずは、お客様に対して与える『安心感』『信頼感』です。

テレビという公の場で、誰もが知っている有名人が"おススメです!"と宣伝しているわけですから

観る人は安心感を持つことになります。

 

何故、今日このお話しをしたかと言いますと・・・

コマーシャルフィルムを作るのに何千万。

放映料に○百万×1日○回放映×○カ月間=○○○○○万円。

これらの広告宣伝費は、一体誰が負担するのでしょう?

当然のことながら、最終的にお金を支払うのはお客様であることはいうまでもありません。

 

一生に一度のお客様の大切な家をつくるにあたって、イメージから来る安心感を取るか、

冷静に「商品」を自分の目で判断して、選ぶかが重要なのではないでしょうか?

 

Mail:sano@e-shinwa.net

佐野暢亮