耐震性

 耐震とは、字の通り、
 地震に耐えるという意味です。

 平和な日常が続いていると、
 その環境に慣れてしまいがちですよね。
 充実した毎日も、大震災のような
 自然災害がやってくると、一瞬のうちに
 状況は一変してしまいます。

 マイホームを購入したり、
 リフォームするタイミングで
 一番気をつけたいのが耐震性です。
 
 最悪命にも関わりかねないので、
 家のことを考える上では
 最重要ポイントになるのではないでしょうか。

  

 1981年の建築基準法改正以降、
 壁量の再強化が指導されました。
 
 木造と軽量鉄骨を比べると、
 強度は軽量鉄骨が勝ります。
 しかし、鉄そのものは硬く柔らかいので、
 構造は強くても揺れるという性質があります。

 どちらにしても、
 耐震や免振工法が加わることで、
 素材に関わらず耐震性の強い家を
 造ることができるのです。
 真四角の家ほど耐震性が高くなります。

 建物そのものが正六面体(真四角)
 に近いほど、力が分散して揺れに
 耐えられる耐震性の高い家となります。
 凹凸があったり、1階は正方形でも、
 2階部分のサイズが大きく異なる場合は、
 それぞれの建物が別々に動いてしまうため、
 一部に力が集中して負担が掛かってしまいます。

 敷地条件によって建物に変化がつく場合は、
 耐震・免震工法などを導入して工夫することが
 求められます。
 壁が多く、窓が少ないほうが安全です。

 
 横揺れの地震の力には、
 柱や梁の枠組み(線)の力だけではなく、
 壁などの「面」で対抗することが有効です。
 よって、単純に窓が多いほど壁面が減るので、
 バランスの悪さを招きます。

 でも、まったく窓がないと閉鎖感がありますので、
 居心地のよい家としての機能を保ちつつ、
 丈夫な壁面を確保することが大切です。
 壁の必要量は工法によって異なります。

 重量鉄骨造のように線が強い工法もあれば、
 2×4(ツーバイフォー)工法のように
 耐力壁の多い工法もあります。

 建築基準法では、木造2階建ての家までは
 施工主(大工さん)の技術を尊重して、
 構造計算を義務付けてはいません。
 その代りに、簡単な壁量計算で耐震性を
 確かめるよう決められています。

 しかし、建物の高い場所ほど揺れは
 大きくなるので、3階建てには正規の
 構造計算が必要です。
 経験だけではなく、力学的な検証が
 必要となってきます。

 
 軟弱地盤によく使われる「ベタ基礎」とは、
 家の基礎一面が鉄筋コンクリートになっていて、
 底板全体で重さを受け止めて分散し、
 地盤の負担を減らすような仕組みです。
 万一沈下した場合でも、均等に沈むことで
 建物への被害を抑えることができます。

 しかし、これはあくまで地中が均質であることが
 前提なのです。大きな石やごみなどの
 異物が埋まったままの土地では、
 盛土で整えていたとしても将来的に
 傾く可能性があります。

 ビルト・イン・ガレージで
 気を付けたいのが1階の壁量です。
 木造住宅の壁量の基準では、
 2階より1階の方が多くの壁量が求められます。

 狭小地では鉄骨などの強い軸組みを
 使う例もありますが、一部だけだと、
 複数の構造が地震時に異なる周期で
 揺れてしまうことにもなります。
 耐震に精通した設計者に
 依頼することがなにより安心です。

 家の外壁の表面だけのひび割れや、
 モルタルが少し剥がれている程度
 であれば問題ありません。

 しかし、深い亀裂や、換気口周辺に
 破断がある場合は要注意です。
 基礎が耐えられなくなっているかもしれません。

 構造の原因調査と一緒に、
 地盤も調べなおしてみましょう。
 亀裂が集中している場所は
 不同沈下が起きている可能性があります。

 
 進和ホームではあらゆる「耐震」
 に関わる相談を受け付けています。

 耐震問題についてのご相談はこちら
 https://ws.formzu.net/fgen/S10031037/